• 交通費精算はクラウドの時代へ

    直接の仕事と関係ない社内の手続きで最も面倒に感じるのが交通費精算ではないでしょうか。主に外勤の方には必須の作業ですが、経理部門からは締め切りを厳しく言われ、用意する書類も沢山あり、更に記入する項目も多数というものですので、考えただけでも気が滅入るという方も多いかと思われます。

    交通費精算情報はこちらです。

    一方で経理部門の方からすると提出された間違いや不備が多く、修正に手間がかかる上にみんなに嫌がられる割に合わない仕事と感じているのではないでしょうか。こうした厄介な交通費精算は今、劇的に変わりつつあります。


    現在の最新の交通費精算では、処理は主にクラウドになっています。これはスマホ上で処理できるもので、会社に戻らなくても処理が出来るのが、外勤の方にとっては大変嬉しい機能といえるでしょう。



    更に地図アプリと連携してガソリン代を計算したり、日当などの手当まで自動計算できるものも現れています。
    領収書も写真を撮れば書類に貼り付けたのと同等に扱われるなど、ペーパーレス化にもしっかり対応したものもあります。

    申請する人にとってだけでなく、処理する武門にとっても交通費精算のクラウド化は、処理の遅延がなくなりまたミスも大幅に軽減されるなど多くのメリットがあります。
    交通費精算には上司の承認なども必要ですが、こうしたやり取りも全てクラウド上で済ませられますので、上司がいなくて処理が滞るといった問題も解決出来ます。
    新時代に即した新しいシステムを導入して、業務の効率化を進めましょう。