• 交通費精算書の作成方法について

    出張や通常業務時に公共交通機関を利した場合は経費として処理しますので、必ず交通費精算書を経理に提出をお願いします。

    最近話題の交通費精算のクチコミ評価が高いです。

    利用交通機関によって処理方法が異なりますので、複数の交通機関を利用した場合は機関ごとに交通費精算書を作成してください。

    ただし、利用した交通機関を明確に区別して記入する場合は精算書を1枚にまとめることが可能です。

    なお、交通費精算書は1日単位で作成してください。

    (例、1泊2日の出張の場合は2日分の作成が必要です)交通費は現金、切符での支払いを原則としますが電子マネーで支払いを行った場合、以下のいずれかを精算書に添付した場合のみ経費として認めます。


    イ)発地と着地が明確にわかる(業務で利用したことが証明できる)利用証明証の原本ロ)利用した交通機関の領収証と電子マネーの利用履歴書いずれも利用日時がわかるものに限ります。

    交通費精算書には利用した交通機関からの領収証を必ず添付してください。



    事前購入などで支出日と利用日が異なる場合は切符や航空機チケットの半券の原本を添付してください。

    領収書や半券の添付がない場合や利用した交通機関と添付書類の数が一致しない場合(直通運転等で乗り換え、切符の買い直しが不要は除く)は全額もしくは一部を経費として処理を行わない場合があります。
    (領収証の添付漏れが多発しています。提出前に再度確認をお願いします)会社手配などは精算書の作成は不要ですので詳しくは経理までお願いします。