• 面倒な交通費精算をなんとかして

    会社の営業活動を行うためには、会社外へ出かけて商品やサービスをアピールするための活動も必要です。


    しかし会社外へ出かけるためには交通費が必要です。
    これらの交通費は会社の活動費なので、社員は会社に対して請求するのは当然の行為となります。これらの交通費精算をするためには、社員が経理の担当に対して書面などで申請をしていました。


    今でも紙の書類で申請をする会社はたくさんです。
    けど紙の書類で申請するためには多くの手間と時間がかかります。
    その交通費精算が面倒なのは申請する社員だけではありません。

    交通費精算情報探しのヒントをお教え致します。

    それをチェックしている経理担当も多くの手間と時間がかかります。



    なぜなら経理担当は申請した社員の言い分に嘘偽りがないかをチェックしないとなりません。申請した内容に対して余計な無駄な費用が含まれていないかをチェックしないと、余計な活動費を払う羽目になり、下手したら横領されてしまいかねないからです。


    しかし時代は日々進化しています。
    現在では鉄道やバスなどの公共交通機関でもICカードで乗車できるなどして、IT化が進んでること、経理担当側でも専用ソフトの導入などで、チェックする手間と時間を短縮可能にしました。



    交通費精算の専用ソフトでは、スマホで申請が可能になったり、営業活動の社員が使用したICカードを提出させて、その内容をチェックするなどが可能になってます。スマホで申請する行為は会社外で活動している社員が交通費申請のためだけに戻る必要を省略させ、直帰も可能にさせ、余計な労働時間の削減を成功させてます。